読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子が良い

ここ数日間、調子が良い。生活リズムも良くなったし、脂漏性皮膚炎も治った。ニキビが良くできるのは口唇ヘルペスではなく、脂漏性皮膚炎が原因だった。

頭の回転もかなり上がってきている。調子が良いときにパズルとかを解くと先を読んで問題を解くことができる。どうやったらこの問題が解けるかを考えるのに想像力が必要となるので、そこら辺の能力が悪くなっている気がする。逆に、調子が悪いときに問題を解くときには、論理的に一歩一歩、進めるところから問題を解くことになる。なので、アイデアや閃きが必要となる問題が解けなくなる。

囲碁で例えると、調子が良いときには戦略的にどういう展開に持っていきたいかを考えて、どういう定跡や手筋を用いて相手を誘導するかを考えることができる。しかし、悪いときには現在の盤面の状態から手あたり次第、手を読んでいて一番良さそうな手を採用していく展開になる。これが、先を読むか、行き当たりばったりなのかの差となっている。