読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロテインを切らして調子を落とす

プロテインを切らしたところ、たんぱく質不足になって調子を落とした。

めまいや肩こり、肌荒れ、疲労感、髪のパサつきがあるなと思っていが、何が原因かと考えていたら、1か月ぐらいプロテインを飲んでいことに思い当たった。

たんぱく質が不足すると、免疫力や新陳代謝の低下により髪のパサつきや肌荒れが起こるらしい。また、細胞の修復のためのアミノ酸が不足することにより、疲労感や内臓の機能低下がおこるとされている。さらに、うつ症状や集中力の低下等も引き起こすらしい。

肝臓の機能低下もたんぱく質の不足により起こる場合もありそうだ。

体重1㎏あたり1gのたんぱく質を取るといいらしい。しかし、肉とかのたんぱく質が多い食料でも、たんぱく含有量は20~30%らしいので、かなり食べる必要がある。プロテインは水分が少なく、80%~90%程のたんぱく質が含まれているので、プロテインを切らすとたんぱく質はすぐ不足しそうだ。

プロテインを補充してから、ジョギング後の疲労感を2~3日引きずることもなくなり、肌荒れも改善されてきた。また、疲労感や集中力の低下もなくなった。

顔や髪、精神状態に栄養状態がかなり反映される。最近、どんな不調があると何が原因なのか少しずつ分かるようになってきた。また、昔は集中力や疲労感で思考力が低下していたが、かなり改善されてきた。