読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心に帰るとはどういうことか

昔見ていたコロコロコミックとかボンボンで、よく主人公が初心に帰れと言われていた。その当時、それがどういうことが分かっていなかったので、初心に帰るとはどういうことか書いてみる。

何かを始めた時、まずは上手い人の真似をすることになる。このとき、どうしてこんなことをするのか分からない。だけど、続けていくうちにそのことがどういう意味を持っていてどうして上手くいくのかが分かってくる。つまり、ある程度、理論的に解釈することができるようになってくる。このとき、初心に帰ることが重要になる。つまり、初心に帰ることで、今までやってきたこと、ただ漠然と模倣していたことがどういう意味を持っていたのか自分なりに解釈する機会を得ることができるようになる。そして、一から解釈していくことで新しく手法を生み出していくことができるようになる。

つまり、初心に帰ることで初級者から中級者、上級者への階段を登ることができることになる。

ここらへんの事情というのは、ただ初心に帰れと言われて、暗黙裡に何かを示唆しようとしていることはわかるけど具体的には教えてくれない。まぁ、自分で気付かなければ一生気づけないわけで、具体的に言われても実感しなければ仕方ないとは思うが…

 

何をやるにしても初心に帰ることは重要で、他人の模倣を抜け出して、自分の考えで新しいことを編み出してくためには重要なことだと思う。