読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームをすると頭が悪くなるというのは、

ある意味当たっている。普通の人は体を動かしたり、運動するときの疲労は、よくわかっている。しかし、デスクワークとかの場合は、その疲労を過小評価する傾向がある。

人は手を動かす作業は集中しやすい。そのため、ゲームをすると集中し、長時間やり続ける傾向がある。その結果、徐々に疲労が蓄積し、脳疲労がたまり思考力が低下することが起こり得る。中国とか韓国でたまに長時間ネットゲームをした結果死んだということがあるが、これも、たぶん疲労の蓄積による過労死だと思う。

つまり、ゲームをするには体力が必要で、ゲームをすると頭が悪くなる、なんてことは日ごろから運動などをして体力を鍛えている人には当てはまらない。しかし、ゲームばかりして運動しないと、体力の減少とゲームによる疲労の蓄積の負のスパイラルに陥る。

ゲームをすると頭が悪くなるなんてことを言わせないためにも、自分の健康状態に気を遣うといいと思う。